UDCTak(アーバンデザインセンター高島平) : UDCTak は、高島平団地を含む板橋区高島平地域において、公共・民間・大学が連携して、地域の再生・活性化と未来に向けた新しいまちづくりを進めるために共同で設立した、都内初のアーバンデザインセンターです。

プロジェクト

「高島平ヘリテージ」プロジェクト

■概要
高島平には歴史があります。高島平誕生以前の地域構造、高島平誕生時の先進的な構想や意図、この半世紀の間の空間形成や場所創成のプロセス、それらが生み出す記憶力豊かな都市空間が高島平には確かに存在し、その都市性を支えています。本プロジェクトでは、高島平において今後も継承していくべきこうした都市空間を「高島平ヘリテージ」と定義し、高島平の将来計画に生かすため、行政や地元、URなどに散逸する高島平の成り立ちやまちづくりの経緯等の情報を収集・整理し、一元的な管理を進めています。加えて、これらのまちの記憶を可視化、体験化する仕組みを開発し、新しい楽しみ方への提案へとつなげていきます。

協力: 東京大学都市デザイン研究室/高島平観光協会(仮)

■関連資料

■経緯・実績
2017年7月8日(土)
「高島平ヘリテージ・プロジェクト」キックオフミーティング

2017年8月3日(木)
「高島平ヘリテージ・プロジェクト」第二回ミーティング

2017年9月30日(土)
平成29年度第3回デザインスクール(高島平ヘリテージ)
「高島平の読み解きまちあるき」(東京大学 中島直人准教授) 報告