UDCTak(アーバンデザインセンター高島平) : UDCTak は、高島平団地を含む板橋区高島平地域において、公共・民間・大学が連携して、地域の再生・活性化と未来に向けた新しいまちづくりを進めるために共同で設立した、都内初のアーバンデザインセンターです。

UDCTakとは

UDCTakの目的と役割

まちの将来像の実現のためには、行政だけではなく、すでに地域で活動されている様々な方々や、新しいアイデアや意欲を持った地域の方々の力が不可欠です。
また、実際に事業(こと)を動かすには、そこに投資をする民間事業者や商業者との連携や、各分野において先端知や実践知を持つ専門家や学識経験者の参画・参加も重要です。
そこで、未来に向けてまちをリデザインしていくエンジンとして「アーバンデザインセンター高島平(UDCTak)が設立されました。アーバンデザインセンターとは、専門家が主導し、そのもとで「民・学・公」の多様な主体が連携してまちの将来像を描き、実現するまちづくりのプラットフォームです。

UDCTak は、
① 未来志向で、多様な主体がまちの将来ビジョンを議論し共有するための場となります
② 従来型のまちづくりの枠組みを超えて民・学・公が連携し、新たなプロジェクトを具現化する場となります
③ 若い世代を含む新たなまちづくりの担い手を育て巻き込むオープンな場となります
④ 地域の空間資源を生かして都市のリデザインとマネジメントを行う専門機関となります

UDCTakの運営体制

UDCTak は、多様な主体が運営に関わることができるオープンな組織です。「高島平の未来につながる活動をしたい!」という様々な組織や個人が、人・活動・場所・資金などを持ち寄って運営する共同運営体制を基本にします。
設立にあたっては、民・学・公にわたる5つの団体が中心となり、「学」の代表である出口敦東京大学教授をセンター長として活動を開始しています。

UDCTak は、まちづくりの進捗に応じて体制を柔軟に変化させます。当面は板橋区が運営や活動費の多くを担いますが、今後、自主財源の確保により、自立的な運営体制への移行を目指します。

■運営機構メンバー
センター長  東京大学大学院新領域創成科学研究科教授 出口敦
副センター長 東京大学大学院工学系研究科准教授 樋野公宏
副センター長 板橋区都市整備部高島平グランドデザイン担当課長 遠藤宏
ディレクター 東京大学大学院工学系研究科准教授 中島直人
ディレクター 大東文化大学環境創造学部講師 飯塚裕介