UDCTak(アーバンデザインセンター高島平) : UDCTak は、高島平団地を含む板橋区高島平地域において、公共・民間・大学が連携して、地域の再生・活性化と未来に向けた新しいまちづくりを進めるために共同で設立した、都内初のアーバンデザインセンターです。

プロジェクト

ゲームで防災プロジェクト

■概要
高島平グランドデザインでは、今ある高島平地域の強みを活かし、更なる安全性を高め、災害時でも継続的に生活の安定や都市機能が維持されたまちに転換することがテーマの一つに位置付けられています。
UDCTakでは、災害対応・災害行動を学習・訓練することを目的とした防災ゲームの体験を通じて、災害に対する知識や災害時における判断力を養い、地域防災力の向上を目指すプロジェクトを進めています。


出典:飯塚裕介ほか(2016),防災教育用対戦型ボードゲームの開発,日本都市計画学会都市計画報告集,N0.14,257-261

協力:大東文化大学 飯塚裕介研究室

■関連資料

■経緯・実績
2017年7月12日(土)
平成29年度第2回デザインスクール(防災)
「日常生活の中で身に付ける災害対応力について」(大東文化大学 飯塚裕介講師) 報告