UDCTak(アーバンデザインセンター高島平) : UDCTak は、高島平団地を含む板橋区高島平地域において、公共・民間・大学が連携して、地域の再生・活性化と未来に向けた新しいまちづくりを進めるために共同で設立した、都内初のアーバンデザインセンターです。

トピックス

高島平ヘリテージ まちの過去・現在・未来をつなぐ
2020.02.14NEW /

高島平には歴史があります。 高島平誕生以前の地域構造、高島平誕生時の先進的な構想、この半世紀の間の空間形成のプロセス、それらが生み出す記憶力豊かな都市空間を「高島平ヘリテージ」と定義し、将来計画に生かすため、UDCTakでは高島平の成り立ちや開発の経緯に関連する情報の収集・整理を行ってきました。
今回、板橋区立郷土資料館の特別展にあわせて、本プロジェクトを率いる中島直人氏より、その成果を報告いただきます。

■日 時:令和2年3月21日(土)13:30~15:30

■場 所:板橋区立郷土資料館 2階講義室
アクセス情報

■講 師:中島 直人氏(東京大学大学院准教授 UDCTakディレクター)
プロフィール:1976年東京都生まれ。東京大学工学部都市工学科卒、同大学院修士課程修了。博士(工学)。東京大学大学院助手、助教、慶應義塾大学専任講師、准教授を経て、2015年4月より現職。専門は都市計画。2016年よりUDCTakディレクター。主な著作に 『都市計画の思想と場所 日本近現代都市計画史ノート』(東京大学出版会)、『都市美運動 シヴィックアートの都市計画史』(東京大学出版会)。

■受講料:無料

■参加方法:申し込み不要 当日先着100名

■問合せ:アーバンデザインセンター高島平
板橋区都市整備部 高島平グランドデザイン担当課(本庁舎北館5階12番窓口)
TEL:03-3579-2183
FAX:03-3579-5437
E-mail:info@udctak.jp

チラシはこちらから

郷土資料館での特別展「高島平の歴史と高島秋帆」開催中(1/18~3/22)